2005年07月12日

喫煙のメリット

卒煙したのにあえて喫煙のメリットを書きます。
すごい奴と呼んでください。
心の寛い奴と呼んでください。(←かなり大上段・・・)

というのは、
卒煙したからと言って私は喫煙者のことを嫌いになったわけではないのです。
今でも喫煙していること自体をそれほど非難すべきことと思っていません。

現代の医学では、タバコの科学的な作用は
百害あって一利無しということになっています。
確かに肉体的には百害あって一利無しかもしれません。

しかし精神的(脳的)には「良い」「悪い」を通り越えたいろいろな作用があります。

脳を変調させる。
これが喫煙の最大のメリットです。
その作用には「良い」も「悪い」もないのです。

人間の文明や文化を築いてきた科学者や文学者の
脳に与えたタバコの影響は決して少なくありません。
かの精神分析学者のフロイトが癌に侵されながらも、
「タバコは人生そのものだ」と言わせたタバコの効果は決して小さくないのです。

もしこの世から喫煙者が完全にいなくなってしまったら、
重要なバリエーションが社会から一つ消えることになり、
社会はそれだけ単調になります。

すべてのヒトが喫煙者である必要はないのです。
逆に全てのヒトが非喫煙者である必要はないのです。
喫煙しているヒトと喫煙していないヒトが混在していることが重要なのです。
勿論混在するためには、喫煙者の“マナー”と“健康を害する覚悟”が必要ですが。

私の尊敬してやまない小説家である
筒井康隆氏が昔こんなことを言っておられました。
「喫煙者の書いた文章か、非喫煙者の書いた文章か、一目で区別がつく」

これはなかなか恐ろしい言葉です。

筒井康隆氏は凄くて、
いまだに「GO SMOKING」なんていうキャンペーンに
荷担しておられます。

スゴイ。
スゴスギル。

現代日本の流れは非喫煙者に大きく傾いており、
喫煙者にかかるプレッシャーは想像以上に大きいものです。
その訳のわからないプレッシャーが、
本来のタバコの吸い方までを変えさせてしまい、
喫煙者に無用のストレスを与える結果になっています。

おっと。
なんだか小難しいことを書いてしまった。

ツツイせんせい万歳!!


禁煙時間 0年 0月15日 0時間 8分
吸わなかった煙草 450本
浮いたタバコ代 6075円
延びた寿命  1日17時間15分
posted by dototo at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 卒煙日記(後編)

鹿フン

奈良公園に一度でも行かれた方は
どのような状態か分かると思います。

いわゆる鹿フン状態になりました。

奈良公園に行かれたことのない方は
分からなくて結構です。

最寄の動物園にいる鹿でご確認ください。

繊維性の食物と水分補給で解決するでしょうか?


禁煙時間 0年 0月14日20時間53分
吸わなかった煙草 446本
浮いたタバコ代 6021円
延びた寿命  1日16時間53分
posted by dototo at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 卒煙日記(後編)

本当に卒煙しちゃった!?

この日記を書く意欲が激減してきました。

あれほど元気よく動き続けていたデスクトップのマラソンカウンターも、
気がついたら立ち上げることすらしておりません。

ひょっとして、これはっ!!!
本当に卒煙してしまったのかっ!!!

いやいや・・・
ここからが実は怖いそうです。

もう自分は禁煙できるヒトなのだから、とりあえず一本。

これですべてが終わるそうです。
こうした体験談はあちこちに見受けられます。

「ダメ人間の禁煙日記」にもリアルに書かれています。
http://www.h7.dion.ne.jp/~tom.com/

ふとした心の隙間をカイクグッテたばこはグリグリと進入してきます。
本当にそれは小さな小さな隙間なのです。


禁煙時間 0年 0月14日20時間42分
吸わなかった煙草 445本
浮いたタバコ代 6007円
延びた寿命  1日16時間47分
posted by dototo at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 卒煙日記(後編)